コロナ禍で何もせず思考停止しているベテランMRの話

こんにちは、きよまさです。

今日はコロナ禍で何もできず思考停止しているベテランMRについて記事を書いていきます。

本記事を書いている人

医薬品卸で数年間働き、その後内資系製薬会社→外資系製薬会社に転職しました。
現在、外資系製薬会社でチームリーダーとして大学病院を担当しています。

本記事の結論

思考停止状態のMRは生き残ることができません

MR業界ではコロナ禍で何が起きているか?

MRが働いているフィールドでは今何が起きているのでしょうか?

現役MRの人なら言われなくても分かることだと思いますが、

医療機関に訪問できなくなっています。

きよまさ

コロナ感染者を受け入れる側の医療従事者がコロナ感染のリスクを最小化するために、外部からの訪問者を制限するのは当然のことですよね

これによって、今まで出来ていたことがほとんどできなくなっています。

コロナ禍で出来なくなったこと

・対面面会での情報提供

・医局での出待ち

・製品説明会

・リアル講演会

1年前にこういったことができなくなる未来など、誰一人考えていなかったと思います。

こうやって客観的に見ると

きよまさ

何も出来ないじゃん笑 MRいらないよね?笑

ってなりますよね・・・。

実際にMR不要論と言う言葉がMR界隈では流行語大賞です。

➢MR不要論について思うこと

ただMRの将来性は前と変わらず高いと思っています。

➢MRの将来性についてはこちら

ではここで思考停止していいのでしょうか?

思考停止してしまうと、MRの存在価値が問われてしまいます。

思考停止してしまうと、MRは何もしなくなります。

思考停止した典型的なベテランが近くにいます。その人は

ベテランMR

オンライン面会とかオンライン講演会とか無理無理。

定年まであと10年!逃げ切るしかねーだろ笑

こうなっちゃってます。

会議の時もネガティブ発言連発です。

ベテランMR

活動量が低いってコロナだから仕方ないじゃん

ベテランMR

資料を郵送してもゴミ箱行きでしょうよ

ベテランMR

プロモーションメールしても誰も見ないって笑

ベテランMR

担当先は田舎だからオンライン講演会とか興味ないって

もう何もしませんと宣言しているようなものです。

しかし、このベテランMRの気持ちも分からなくもないです。

コロナ前だとこういった主張はしながら、しっかりと足で稼いで、

実績を叩き出すことができましたからね。

今はその「足で稼ぐこと」ができません。

全国共通だと思いますが、大学病院や基幹病院はほぼリアル訪問が出来ず、

クリニックも半分くらいが訪問不可となっているはずです。

こういった環境下でもMRができる事を考えて実行していくしかありません。

コロナ前では優秀なMRでも、

今の環境で何も考えずに何もしないようだと一気にリストラ候補になってしまいます。

内資系も外資系も関係なく、これから早期退職などを使いながら、

製薬会社はMRを削減していく事は間違いありません。

➢イーライリリーの早期退職について

➢早期退職をした知り合いMRの話

コロナ禍でもできる事を実行することの大切さ

コロナ禍で今まで出来ていたことが出来なくなっています。

コロナ禍で出来なくなったこと

・対面面会での情報提供

・医局での出待ち

・製品説明会

・リアル講演会

逆にコロナ禍で出来るようになったことを考えていくと

コロナ禍で出来るようになったこと(社外)

・オンライン面会での情報提供

・オンライン製品説明会

・オンライン講演会

出来ていたことの多くがオンラインに変わっています。

これは顧客側もオンラインに抵抗がなくなってきた事が大きいです。

大学病院の医師などは学生に対する授業がほとんどオンライン化されているため、

日常でオンラインツールを使いこなしています。

学会などもオンライン開催がほとんどです。

また開業医でもオンライン診療を始めている施設もあります。

ベテランMRが想像している以上にオンラインは医療業界で当たり前になってきています。

➢エムスリーから考えるMRの将来性についてはこちら

ベテランMR

担当エリアが田舎で、オンライン面会など誰もしていないから無理

ベテランMR

だから訪問できるところにのみ行きますから!

私の身近にいるベテランMRはこんな感じで思考停止しています。

リアルに訪問できるところって担当エリアによると思いますが、

コロナ前の半分くらいになっています。

行けるところに行くとなると、そういった施設には多くのMRやMSが訪問していると想像できます。

これって逆に感染症のリスクを高めていないでしょうか?

これからのシーズンはインフルエンザもあるので、

コロナとインフルエンザの2つの感染症予防をしないといけません。

今、訪問できるクリニックもいずれ訪問できなくなることも十分考えられます。

ベテランMR

そうなったらそうなった時に考えればいいんだよ!

ここでも思考停止です。

もはや誰も彼を止めることができません笑

ではどうしておけばいいのか?

まだ訪問できる先生には

メールアドレスを聞いておく、

オンライン面会の方法を教えておく、

オンライン講演会の接続方法を教えておくなどして、

いずれくる訪問規制に備える準備をしておく必要があります。

あとは先生の仲良しグループを聞いておき、

オンライン講演会ができないかを模索しておくなど、考えればきりがありません。

こういう準備をしているMRとしていないMRでは必ず差が出てきます。

コロナ禍の環境の中で今出来ること、

近未来を予想して今のうちからしておくことを立ち止まって考えて、実行していく事が求められています。

思考停止して、何もしないMRはこれから間違いなく淘汰されていきます。

コロナ禍で何もせず思考停止しているベテランMRの話のまとめ

MRを取り巻く環境が激変し、今まで出来ていたことが出来なくなったからと言って、

思考停止せずに考え、考えたことを実行していくことが今求められています。

今回紹介した私の身近にいるベテランMRのようになってしまうと、

もはや生き残ることは無理です。

MRを辞めてもそういう思考ではどこに行っても通用しないと思います。

会社から求められるMRに変化していくことも大事です。

お忙しいところ最後まで読んで頂いてありがとうございました!

関連記事はこちら

シェアしてくれるとうれしいです