講演会でトラブルを起こさないために・・・

こんにちは、きよまさです。

講演会を自分で企画して開催することはMRの大事な仕事の一つです。

コロナ禍においては先生方となかなか会えませんので、

自社医薬品を周知させ、売上を伸ばしていくための手段としては講演会は効果的です。

講演会を開催するメリット

・Drが医薬品を紹介するので、MRが紹介するよりも説得力が高く、処方に結び付きやすい

・役割者の先生とコンタクトを取ることが出来るため、仲良くなり、処方に結び付きやすい

・座長や演者に自社医薬品を理解させることができ、処方に結び付きやすい

講演会を開催するためにはホテルの会場費や食事代、交通費がかかるため、

多くの費用がかかってきますが、

最近はオンライン講演会が主流のため、リアル講演会と比べて費用がかかりません。

➢そんなオンライン講演会を今まで実施したことがないMRはヤバいかも・・・。

【ZOOM】オンライン講演会はミーティングとウェビナーどっちがいいの?

そして、コロナによる病院訪問規制のため、

MRが先生と面会する機会が以前より激減しています。

そのため、各製薬会社はオンライン講演会を打ちまくっています。

➢ZOOMを使っている製薬会社が多いんですが、ZOOMを使うときはウェビナーをおすすめします。

結果的に先生たちの机の上には講演会の案内状がびっしりと積み上がっています。

講演会を開催するためには、企画段階で担当病院や担当エリアで

中心となる先生に相談をしながら、企画を進めていくことになりますが、

そのへんを理解しておらず、先生に激怒されたMRの行動をいくつか紹介していきます。

➢オンライン講演会の企画の進め方に関してはこちら

きよまさ

せっかく講演会を企画したのに、逆に先生を怒らせてしまったら、心が折れちゃいますよね。

今回紹介する話は信じられないかもしれませんが実話です。

もはや怪談です笑。

講演スライドの事前提出依頼に激怒し、講演会が中止に・・・

ほとんどの製薬会社では講演会で講演してもらう先生には

事前にスライドを提出してもらわなければいけません。

きよまさ

本社が講演スライドの中に適応外情報や他社品の誹謗中傷が含まれていないのかをチェックするためです

演者の先生が講演会で話すことに制限をかけているので、

表現の自由を奪っているような気がします。

しかし、これもノバルティス事件などで代表されるような不正事件が

相次いで表面化したため、製薬会社が自ら首を絞めた結果だとも思います。

スライド提出をお願いし始めた時には先生たちからかなりの反発を受けた記憶がありますが、

今では、当たり前のように受け入れてくれています。

しかし、今でも猛反発される先生も多くいるというのも事実です。

そういう先生は前任者や他社MRからの情報である程度把握しています。

そんな先生に講演依頼するときは必ずスライド提出の同意をとらなければいけません。

この過程をスキップすると、いざスライド提出をお願いした時に

先生

そんな話は聞いていない!スライド提出しなければいけないなら講演しない!

こういう風になってしまいます。

スライド提出に同意してもらえないなら、講演依頼をするべきではありません。

先生のポリシーを踏みにじってまで講演してもらうメリットは全くありませんし、

先生のポリシーを尊重するべきです。

後輩MR君が実際に激怒されて講演会が中止になってしまいました。

先生との関係もぶち壊れてしまいますよね・・・。

医師会に何も言わず勝手に共催と書く

嘘のような本当の話ですが、

医師会の共催をとっていないのに勝手に案内状に医師会共催として講演会を案内

していたMRがいました。

医師会に共催の申請を忘れてしまっていたというのが正確ですね。

そのMRは所長と共に講演会直前に医師会長から呼び出しを食らい、

激怒されたあげくに本社にまでクレームが上がりました。

医師会との共催をするメリットの一つとして生涯教育講座の単位を付与できる

というのがあります。

これは集客においてプラスに働きます。

最近ではオンライン講演会でも生涯教育講座単位を付与するケースが増えています。

相手からすれば今回のケースは詐欺まがいの行為に映ったはずです。

勝手に医師会の名前を引用し、そして参加しても単位取得はできないわけですから、

参加した先生からすれば、ふざけるなと言う話です。

この失敗を犯したMRは、1か月後に異動になりました・・・。

きよまさ

事務作業も大事な仕事の一つです

新病院設立記念講演会なのに、病院長に相談すらしていない

ずいぶん前の話ですがこれも本当にあった話です。

新病院設立記念の講演会を病院長に何も相談・報告せずに開催しようとしたMRが

病院長から激怒されました。

MRは良かれと思い、

病院の皮膚科の部長に地区の先生たちに新病院をお披露目することも兼ねて

講演会の開催を持ち掛け、先生も喜んで座長を受けられました。

普通ならば、皮膚科の先生に話を持ち帰る前に病院長に話を通すのが筋ですよね。

最悪でも、座長を受けて頂いた後、すぐに病院長に話を通す必要があります。

しかし、MRは病院長に全く話を通さずに、講演会の案内を進めてしまいました。

すると病院長から呼び出され、

病院長

この話は全く聞いていないし、顔に泥を塗られた気分だ

病院長

皮膚科の部長にも伝えたが、この講演会は中止だ

MRは皮膚科の部長にも呼び出され、

皮膚科部長

君は病院長に話を通していなかったのか??有り得ない!!

MRは良かれと思って企画したものが、筋を通す行動が抜けていたため、全くの逆効果でした。

自社医薬品と関係ない科の先生が病院長であっても、

こういったケースの場合は必ず病院長に相談しましょう!

講演会でトラブルを起こさないために・・・のまとめ

今回は3つのケースをご紹介しました。

他にも講演会関係でトラブルが起きるケースは多々あります。

「売上を伸ばすためにチャレンジした結果、失敗した」と考えれば前向きに捉えることもできます。

きよまさ

コロナ禍の中で思考停止していてはいけませんしね

➢思考停止しているMRについてはこちら

せっかくお金と時間をかけて開催する講演会を実りあるものにするために、

「えいやーっ」と猪突猛進するのではなく、

企画段階から丁寧に進めていきたいものです。

お忙しいところ最後まで読んで頂いてありがとうございました!

関連記事はこちら

シェアしてくれるとうれしいです