【現役MR分析】製薬会社の就職偏差値ランキングを信じる?

こんにちは、きよまさです。

本記事はこんな人におすすめ

・製薬会社に就職・転職を考えている人

本記事を書いている人

医薬品卸で数年間働き、その後内資系製薬会社→外資系製薬会社に転職しました。
現在、外資系製薬会社でチームリーダーとして大学病院を担当している現役MRです。

ネットで製薬会社の就職偏差値ランキングってものを見ることができます。

それを参考に製薬会社を決める学生や未経験者って結構いるのかな?

本記事では現役MRが製薬会社の就職偏差値ランキングを真に受けて良いのか?

それを参考にして就職先を決めて良いのか?を解説します。

結論

就職偏差値ランキングを参考にして就職先を決めるべきではない

製薬会社の就職偏差値ランキングを真に受けて良いのか?

結論

インターネットで出回っている就職偏差値ランキングを真に受けてはダメ

理由

■公式な偏差値ランキングなど存在しない

■偏差値ランキングがバラバラ・・・

■偏差値ランキングのコメントが適当・・・

公式な偏差値ランキングなど存在しない

公式発表されている製薬会社の偏差値ランキングってこの世の中にありません。

インターネットで出回っているのは誰かの主観で作成されたものです。

そもそも大学受験のように全員が同じ試験を受けて合否が決まるわけではないですからね。

でも業界のことを全く知らない人にとってそれが本当なのかどうか?って判断できないですよね。

それがSNSや5chなどで出回り、

あたかも「正しい」と思いこんでしまうってことがあるんじゃないかな。

「製薬会社 就職偏差値ランキング」ってググれば、そのランキングを見ることができます。

偏差値ランキングがバラバラ・・・

とある偏差値ランキングでは、

外資系大手を抑えて、内資系中堅が上位にランキングされたりしています。

きよまさ

有り得ないでしょ~

現役MRからすればもはや違和感しかないランキングです。

就職活動をしている学生の誰かが参考にしている可能性だってあるわけですので、

とても恐ろしく思います。

これからは低分子医薬品ではなく、抗体医薬やバイオ医薬品が主流になっていくと言われています。

そういった低分子医薬品以外を開発パイプラインに有しているのは外資系メーカーです。

内資系メーカーでは一部の大手製薬会社だけです。

➢製薬会社の成功要因についてはこちら

今の医薬品市場、そしてこれからの医薬品市場をリードしていくのは

外資系メーカーと一部の大手内資系メーカーという事を押さえておく必要があります。

偏差値ランキングのコメントが適当・・・

偏差値ランキングで各製薬会社の印象や仕事内容のコメントが

簡単に添えられていますが、これが笑えるくらい適当です。

たいてい多くの製薬会社に「超激務」もしくは「激務」って

コメントが書いてあるんですが、そんなことはありません。

年収が良いからそういう風に書かれるのかもしれませんが、

製薬会社の年収が高いのは、仕事が忙しいからではなく、収益率が高いからです。

MRの仕事が「超激務」「激務」だったら、他業界の営業は「超絶激務」です。

私はMSからMRに転職をしていますが、MSの方が激務ですよ。

MRの良さって自分で時間をコントロールすることができる職種という事です。

サボろうと思えばいくらでもサボれます。

特にコロナ禍になってからは在宅勤務を導入する製薬会社が増え、

朝の卸訪問もほぼなくなり、確実に自分の時間が増えています。

講演会などがあるので夜遅くなることも多いですが、その分残業代がもらえたり、

翌日ゆっくり過ごすことだって自分の裁量で可能です。

きよまさ

MRの仕事は「激務」とは言えないと思います

他にも早期退職やPIPとコメントされている製薬会社もありますが、

これはどこの企業でも起こりうることです。

PIPとは「パフォーマンスが優れないMRを管理してパフォーマンスが上がるようにしていくよ!」っていう制度です。一見聞こえは良いのですが、実情はMRを管理下に置き退職に追い込むことを意味しています。

逆にそういうコメントがない製薬会社は安心なのか?というと全くそうではありません。

2020年は国内最大手の武田薬品や今まで早期退職をしたことがなかった

イーライリリーでさえもMR数を減らしました。

製薬会社に限らず、民間企業で働く場合はそのようなリスクを

完全に排除できないということを認識しておく必要があります。

以前は日本ベーリンガーが働きやすさから「最後の楽園」と比喩されていましたが、今はそんなことを言っている人は誰もいません。

きよまさ

どの業界でも自分の身は自分で守るっていうことが大事です

偏差値ランキングを参考にして就職先を決めて良いのか?

結論

就職偏差値ランキングを参考にして就職先を決めるべきではない

製薬会社の就職偏差値ランキングってまず存在しないので、信じないことが大前提です。

自分でそれぞれの製薬会社のことを研究して就職先を決めることが絶対なんですが、

ネットだけでは情報収集に限界があると思いますので、私なりの意見を書いていきます。

内資外資問わず大手製薬会社を目指そう!

製薬会社に入社したい人はまずは内資系大手か外資系大手を目指すことをおすすめします。

(希少疾病薬を扱うようなスペシャリティMRは基本的に即戦力の中途MRを採用するので、現実的でありません)

➢おすすめの内資系製薬会社について

➢おすすめの外資系製薬会社について

中堅メーカーをおすすめできない理由

中堅メーカーをおすすめできない理由はやはりその将来性と年収の違いです。

開発パイプラインを見れば分かると思いますがフェーズ1以降の数が少なく、

開発されている化合物も低分子医薬品がほとんどです。

ひと昔と違って新薬の特許が切れたら容赦なく後発品に変えられます。

長期収載医薬品で売上を維持することが完全に不可能な時代ですし、

これからますますそうなります。

若くても年収は大手ほど高いです。働き方も大手、中堅に違いはありません。

MRの仕事は後発品メーカーを除き、基本的にはどこの製薬会社でも全く同じです。

➢後発品MRはやめておいた方がいい理由

就職した会社が違うだけで同じ仕事をしているのに年収が違い、

そして会社の将来性も違ってきます。

私も今の会社の前は内資系の中堅メーカーで働いていましたが、

今の方が年収は良いですし、新薬に携わることができています。

MRの仕事の醍醐味ってやっぱり新薬に関わることなんですよね。それが出来るのがやはり大手製薬会社なんです。

学生

まったり仕事ができるのは中堅メーカーの方なんじゃないですか??

きよまさ

そんなことは絶対にありません!!

中堅メーカーは新薬が少ないので売上を維持するのに大変です。

だからバイオシミラーや後発品、AGに活路を見出そうとしている会社が多くあります。

「後発品でもいいから売ってこんかい!!」とMRに対しての圧も半端なかったことを記憶しています。

製薬会社の就職偏差値ランキングを信じる?信じない?のまとめ

きよまさ

インターネットで出回っている就職偏差値ランキングを真に受けてはダメだし、それを参考にして安易に就職先を決めない方が良いです

領域制を敷いている製薬会社は、入社後に担当領域が決まるケースがほとんどだと思います。

もし希望する領域に配属されなかったとしても、

入社後に成果を残せば、希望する領域に異動することも可能です。

そのため各製薬会社の将来性(主力領域、開発パイプラインなど)を

しっかりと研究することが大事です。

転職を考えたときも大手で働いていた実績は必ず重宝されます。

これからMR数は減少すると言われています。これは間違いないと思います。

ただし、成果を残せるMR、自ら主体的に動けるMRは確実に残れます。

➢MRの将来性についてはこちら

そしてどの会社で働くか?

インターネットで出回っている就職偏差値ランキングを信じることなく、

自分で徹底的に研究しましょう!

➢現役MRが厳選するおすすめの転職サイトランキング

お忙しいところ最後まで読んで頂いてありがとうございました!

関連記事はこちら

シェアしてくれるとうれしいです