医薬品卸MSから製薬会社MRに転職するために必要なこと

こんにちは、きよまさです。

本記事はこんな人におすすめ

医薬品卸MSから製薬会社MRにいつかは転職したいと考えている人

本記事を書いている人

医薬品卸で数年間働き、その後内資系製薬会社→外資系製薬会社に転職しました。
現在、外資系製薬会社でチームリーダーとして大学病院を担当しています。

医療業界で働く営業は医薬品卸MS、製薬会社MR、医療機器メーカーの営業、医療機器卸など多く存在します。私はMSとMRを経験しており、そして私のようにMSからMRを目指す人も多いです。

製薬会社は製造業、医薬品卸は卸業という業種の違いがあります。この違いで、給料や福利厚生が全く違います。そして製薬会社のMRは営業の中でもトップクラスの平均年収を誇っています。

MSはMRと一緒に働く機会が多く、そういう処遇面の違いを目の当たりにします。

本記事では、未経験(MRとして)としてMSがMRに転職するために必要なことを解説しています。

医薬品卸MSから製薬会社MRにいつかは転職したいと考えている人はぜひご覧下さい。

MSとMRの違いについて解説します

MSとは?

医薬品卸業者の営業マンです。医薬品卸はメディセオ、スズケン、アルフレッサ、東邦などが有名です。MSとはマーケティング・スペシャリストの略です。

MSは医師や薬剤師に対して、取り扱っているすべての医薬品(OTC薬も含めて)の情報提供、受注、配達、価格交渉などを行います。

以前までは男性がほとんどを占めていましたが、最近では女性のMSも増えてきています。

MRとは?

製薬会社の営業マンです。MRとはmedical representative(メディカル・レプリゼンタティブ)の略で、医療情報担当者と呼ばれています。

自社医薬品の適正使用のため、医療従事者を訪問することなどにより、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な業務として行う者とされています。(ウィキペディアより抜粋)

こちらも女性のMRが年々増えてきており、ママさんMRも増えてきています。

MSの営業

MSはルート営業です。

基本的に毎日決まった病院やクリニック、調剤薬局を訪問して、医薬品や医療情勢の情報提供を行ったりして、信頼関係を築いていきます。

営業って言うと電話を1日100軒かけたり、飛び込み営業したりなどのイメージがあると思いますが、そういった営業はありません。

MSの仕事内容は医薬品の情報提供以外にも医薬品の受注、医薬品の配達、債権回収、価格交渉があります。

医薬品の受注→最近では医薬品の在庫が少なくなってきたら自動注文するシステムを導入している病院や薬局も多い

医薬品の配達→最近は配販分離が行われており、配送員が配達をしています

債権回収→支払いが悪い顧客に対しては交渉をして支払い率を上げてもらいます

価格交渉→医薬品の納入価格を顧客と交渉します

そして病院やクリニック、調剤薬局が取引している医薬品卸は1社だけではありません。

何社もの医薬品卸と取引をしていて、何人かのMSが出入りします。

医薬品をどこの卸が卸してもいいわけですので、競合のMSよりも信頼関係を築いて、どれだけ自社から卸してもらえるか?が問われてきます。

これからの時代は医療経営コンサルティングのスキルも必要になってくるはずです。

自分と他社の差別化をどうするか?の戦略をしっかりと考えることが出来るMSは優秀です。

しかしそれができていないMSが多いというのが現実です。

医薬品卸MSは医療経営コンサルティングの知識があった方がいい

きよまさ

医薬品をどの卸から買おうとも薬の有効性や安全性は変わりませんしね

こういった事から、信頼関係をいくら築き上げたとしても、基本的にはどこの卸から買ってもいいわけです。

そうなってくると納入価格というのも大事になってきます。

最近ではJCHOの談合問題を機に、価格勝負が激しくなっています。これから起きることも予測していかないといけません。

☟医薬品卸の談合問題でこれから起きることは別の記事で解説していますのでご覧ください☟

医薬品卸の談合問題でこれから起きることを予想してみる

MSからよく「価格で負けて、他の卸に取られた!」って話も聞くことが多いです。

私がMSの時もこの価格勝負はありました。半沢直樹ではないですが、「やられたらやり返す!」って根性も必要です。

MRの営業

MRは自社医薬品の情報提供が仕事のメインになってきます。

薬のことだけではなく自社医薬品に関わる最新の国内外のガイドラインやエビデンスを勉強し、情報提供していきます。

先生の治療方針を把握したり、困っている患者さんの治療法を一緒に考えることだってあります。

特に画期的な新薬が出てきたときなどは、先生からのニーズも高いので、仕事のやりがいが大きいものです。

MSにあってMRにない仕事

医薬品の受注、医薬品の配達、債権回収、価格交渉

この中でも「価格交渉」がないという事が大きいです。価格交渉権がない営業マンはMRくらいだと思います。

ずいぶん昔の製薬会社の営業は「プロパー」と呼ばれ、価格交渉を行っていました。

しかし、医薬品は命にかかわるものでありながら、自社医薬品を使ってもらうために過度な値引きやセット販売などが行われていたため、社会的な批判を受けていました。

そこで厚労省は医薬品の価格交渉権を製薬会社から医薬品卸に移行させたという歴史があります。

このように見ていくと、MSの方がMRよりも仕事の量が多いという事が分かります。

MSの時と比べて、MRの方が仕事の量が少ないということを実感します。ただし、医師から求められる情報提供のレベルが高いので、日々勉強する姿勢がMRとして大事になります。

MSとMRの給料

MSの方が仕事の範囲が広いという事をご紹介しました。

仕事の範囲がMSの方が広いから給料もMSの方が高いかと言われるとそうではありません。

きよまさ

私がMSからMRに転職した時は年収で150万ほどUPしました

不思議なことですが、これは勤務している会社の利益率の違いが大きいことが原因です。

☟医薬品卸がなぜ給料が低いのか?は下の記事で詳しく解説しています☟

MSに将来性はあるのか?医薬品卸MSの仕事内容・年収・将来性を徹底解説!

他にもお金の面でMSより恵まれています。

MRは営業日当が給料とは別に支給されます。

製薬会社によってその金額のバラツキはありますが、多いところで4,000円ほど支給されています。

給料とは別に毎月約80,000円ほど上乗せされます。しかも非課税です。

そして社宅手当も充実しており、家賃の70%~80%を会社が負担してくれます。

例えば10万円の家賃のマンションに2万円で住むことが出来たりします。

他にも退職金制度が充実していたり、外資系ではボーナスが大きかったりします。

ポイント

MSよりも仕事範囲が狭いMRの方が給料が圧倒的に良い

有給休暇について

MRの方が有給休暇を取得しやすい環境です。

これは経験しているため、自信を持って言えます。

私がMSの時は4年間で病気になった時しか有給休暇を取得できませんでした。

きよまさ

今振り返ればどれだけブラックなんだよ!!と思っちゃいます

今の時代は年間5日以上有給休暇を取得しなければ会社が罰せられるため、こういうことはないと思いますが、私がMSで働いていた時はそうでした。

しかし、今の時代もMSはMRより有給休暇を取得しにくいです。

これは仕事範囲が広い、卸間の競争が激しい、ルート営業であることが影響しています。

一方でMRは医師に情報提供することが仕事のメインです。

毎日医師に情報提供をしないといけないわけではありません。そしてMRは自分で自由に時間を決めることが出来ます。

予めこの日とこの日は有給休暇を取得すると決めて面会のアポイントなどをスケジュールすれば、計画的に有給休暇を取得できます。

私も毎月1回以上は有給休暇を取得するようにしています。

また年末年始、ゴールデンウイークなどの大型連休もしっかりと長期休暇をとることができます。これは内資系、外資系問わずにそうです。

ポイント

MRの方がワークライフバランスを保つことが出来る

転勤について

転勤は人生にとって大きなものです。

子供が小さいうちは家族全員で引っ越すことができますが、中学生、高校生だと家族全員で引っ越すこともままなりません。

そうなると単身赴任になってきます。

転勤はMSもMRも同じようにあります。

すべての製薬会社は全国展開しているため、MRの方が全国規模での転勤が多いです。

一方で医薬品卸はグループで展開している会社や地場卸も多く、所属している会社の営業所や支店間を異動するMSが多いです。

九州のグループ卸であれば、九州内で異動します。

とは言え、転勤というのはMRもMSもあり、どちらも単身赴任をしている方は多いのが現状です。

MSよりもMRの方が仕事範囲は狭いのに高給取りでワークライフバランスも保てる。しかも転勤するという条件は同じなので、MRに転職したいと考えているMSが多いんです。

MSからMRに転職するために必要なこと

MRになるという決心をすること

「このままMSとして社会人人生を終えて良いものなのか?」と不安を抱えながら仕事をしている人は早めにMRになるという決断を下してください。

紹介したようにMSとMRでは給与面や待遇面で全く違います。そして今の仕事内容が思いっきり通用します。

きよまさ

私が身をもって経験しています。MSを経験しているMRは素晴らしい成績を残す人が多いんです。

今の時代は転職することが当たり前ですし、給料を上げるために転職することはごくごく当たり前のことです。

転職を繰り返しながら年収を上げることがどれだけ効率的なのかはMOTOさんの本を読めばわかるかと思います。

一つの目安として年収1,000万を超えるというものがあります。

MSのままで給料が1,000万円を超える確率は0です。

しかし、MRは多くの人が1,000万円を超えています。

仕事内容は同じもしくは楽なのにも関わらず、所属している会社が違うだけで大きな差があります。

加えて、最近ではJCHOの談合問題を機に価格競争が激しくなっています。

これはどういうことを意味しているかというと、企業体力を卸間で奪い合っているということです。

今でも利益率が低いのに、このまま価格競争が続けば、社員に還元する給料が目減りすることは明らかです。

そうなると昇給額も低いでしょうし、最悪、リストラなんてことも考えられます。

☟このままいくとリストラが起きてくる可能性は高いと思います☟

医薬品卸の経営悪化でMSのリストラが始まるかもしれない

MRの将来性は厳しいと言われていますが、MSの将来性はもっと厳しいと言わざるを得ません。

もし年金0円になってしまったら、今の年収で老後資金を蓄えることはできますか?そのあたりを記事にしていますので興味がある方はぜひご覧ください。

【年金0円】その時、老後の生活費はいくらあればいいのか?

コントラクトMRを目指そう

MR未経験で中途採用している製薬会社は残念ながらほぼありませんし、もし募集があったとしても、取引卸のMSは採用されませんので、いきなり製薬会社の正社員になるというのは厳しいのが現状です。

きよまさ

私はMSから未経験で製薬会社に正社員で入社できましたが、それはずいぶん前の話で、今の時代だと難しいと思います。

MSとして優秀な成績を出し続け、MRになれば確実に成績を残す自信があっても、製薬会社に正社員で入社することは不可能・・・。

ではどうするのか?どうやってMRとして働ける環境を手に入れるのか?

やはりコントラクトMRを目指すのが現実的です。

私が勤めている会社にもMSを辞めてコントラクトMRになり、派遣で来ている人がいます。

去年、MR試験に合格し、MR資格も取得されています。その方はとても優秀です。

今度、弊社の正社員になるための試験を受けます。

コントラクトMRとは「製薬会社にMRを派遣する会社」に所属する正社員MRです。アポプラスやシミックなどが大手として有名です。

派遣と聞くと何だか嫌な印象を持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。

製薬会社に派遣される会社でも正社員なわけですから、もしプロジェクトがなかったとしても、しっかり給料は支払われますし、派遣切りなどは起きません。

製薬会社の最近の潮流は新薬発売時にコントラクトMRを活用します。

新薬発売時には人員が必要になりますので、そういう時に製薬会社から派遣会社に派遣要請を行い、コントラクトMRが派遣されるという流れです。

新薬発売のプロジェクトが終わったとしても、優秀なMRであれば製薬会社から延長依頼がかかったりします。もしくは正社員としてのオファーもあります。

コントラクトMRでも給料や福利厚生は充実しています。平均年収は700万程ありますので、確実にMSよりも待遇は良くなります。

そして最近ではコントラクトMRとして幅広い領域を経験し、MRとしての市場価値を上げるという選択肢をとっている人も多くいらっしゃいます。

そうではなく、新薬メーカーの正社員MRになりたい場合は、コントラクトMRを2,3年ほど経験し、派遣された新薬メーカーで実績を出し、正社員になる。

もしくは転職活動を行い、新薬メーカーに転職するという選択肢が出てきます。

MSのままではMRになることは実現できません。いくら優秀なMSでもそうです。

MSからMRになるための方法

MS→コントラクトMR→新薬メーカーMR

MS→コントラクトMRとして多くの領域を経験し、MRとして市場価値を上げる

MSとして2年~4年は頑張ろう!!

医薬品卸に入社し、MRの人と交流し、初めて製薬会社と医薬品卸の仕事範囲や給料の違いを知って、「今すぐにMRになるぞ!!」と考えて、医薬品卸に入社後すぐに転職活動を始めたとしても、絶対にうまく行きません。

私もMSを4年経験したのちにMRに転職しました。

しかし、医薬品卸に入社して1年ほど経ってから、とある大手外資系メーカーの求人に応募したことがあります。

簡単に想像できると思いますが、その時は営業経験が浅く、職務経歴書に書けるような実績などありませんでしたので、当然書類選考の時点で落とされました。

きよまさ

今考えれば営業経験1年程度で良く応募したなと我ながら感心します笑

MRの経験がないわけですので、どういった営業経験、営業活動を行って、どれだけの実績を出してきたのか?をしっかりと職経経歴書や面接で語る必要があります。

そうでなければ選考で落ちます。

新卒採用と違い、中途採用は今までの経験や実績が重視されます。

ポテンシャル採用は期待しない方が良いです。

そして、書類選考や面接の直前に転職活動を始めてもうまく行きません。

MRになると決心したその時から、時間をかけて準備するべきです。

私がMRになると決心した時に、まずは複数の転職サイトに登録し、転職市場の動向をこまめにチェックしていました。

☟MSさんにおすすめの転職サイトは別の記事で解説しています☟

MSのMR転職サイトおすすめ3選!!

そして何よりも大事なことは実績を出した時(半期ごとの売上目標の達成など)の数字となぜそういった結果を出せたのか?を言語化し、職務経歴書に書いておくことです。

いざ入社試験が始まるタイミングで文字起こしをしても、うまく書けませんし、思い出すのも大変です。

MRになると決心した時から入社試験のことを考えて、入念に準備することをおすすめします。

きよまさ

当時の先輩や上司が実は秘密裏にこういうことをしていたと知ったら、ビックリすると思います。一切転職するような空気を出していませんでしたので笑。

自分の人生を切り開くためにはそれ相応の準備も必要だという事を意識してください。

準備を怠ることがなければ必ず人生を切り開けます。

ちなみに私は今でも半期ごとの数字やどういった営業活動をしてきたのか?を職務経歴書に追記しています。

MRになりたいという動機と退職の理由を今のうちから考えておく

職務経歴書はコツコツと準備しておけば、いざ転職活動を始めるときに困ることはありません。

しかし、コントラクトMRに応募する際は、MRになりたいと思った志望動機と退職理由も書かなければいけません。

MSの仕事をある程度経験していると、日頃からMRの人と話したり、時にはクリニックを同行訪問しますのでMRの仕事内容もある程度分かるようになっています。

そして、一人で医師や薬剤師に医薬品の情報提供もしています。

異業界からMRに転職する人達よりも、MSからMRに転職する人は志望動機は書きやすいと思います。私もそうでしたから。

志望動機の例

■「優秀なMRは先生や薬剤師と対等にディスカッションし、真の医療パートナーとして認められています。私も医学の専門知識を身につけて情報提供を行い、疾患に苦しんでいる患者さんの治療に貢献したいと思っています」

■「私の情報提供によって何度も処方に結び付いた経験から、今度は自社医薬品の処方提供のみに特化して、成果に結びつけれる仕事がしたい」

こういった志望動機、そして退職の理由も事前に準備、そして頭の中を整理しておけば、いざ面接の時にもすらすらと言葉に出てきます。

自分の成功体験や成功エピソードと志望動機を結び付けることで、より説得力が増します。

すると書類選考や面接を通過し、晴れてMRに転職できる可能性が高くなります。

求人を見つけてバタバタと準備するのではなく、MRになると決心した時から準備を始めることが転職で成功する要因です。

MRになるのなら若いうちに決心しよう

MRになりたいのなら若いうちに行動しましょう!

私も26歳の時にMRに転職しました。医薬品卸MSとして2年~4年ほど経験があって本気でMRになると決心している人は早ければ早い方が良いです。

若いうちに転職した方が良い理由

・コントラクトMRに入社する人の70~80%は20代であるということ

・35歳までが採用されているため、35歳以上では年齢でふるいにかけられる

また、今後のMRのキャリアを考えれば、若いうちにMRとしてのキャリアをスタートさせた方がキャリアの幅が広がりますし、MRとして転職する際にも有利になります。

これから早期退職等で転職市場にMR経験者が溢れることが予想されます。

MRとして次のステップを考えたときにも年齢が若い方が有利です。

そのためにもMRのキャリアを若いうちに遅くても30歳までに始めてください。

勤務地の指定はできないことを受け入れよう

MSからMRになるときに勤務地の指定をしていては合格する確率がほぼ0になります。

勤務地指定をしたいと思うところですが、ここはグッと我慢しましょう。

基本的に製薬会社は全国展開していますし、コントラクトMRのプロジェクトも全国展開されています。そういうビジネスモデルに勤務地指定は合致せずに、どれだけ優秀なMSでも不合格になってしまいます。

MRという職種は今の時代でも高給取りです。営業の中でトップです。

そのため、未経験からMRになりたいという人がたくさんいます。当然優秀な営業マンも転職市場の競争相手にいます。

同じ実力の応募者で「全国転勤可」と「勤務地限定」の二人がいたら、間違いなく全国転勤可の人が採用されます。

MR経験者になれば、勤務地指定で転職することは可能ですので、それまでは我慢しましょう!

きよまさ

私もMSからMRになった時は全国転勤可として応募し合格しました。次の転職ではMR経験者として勤務地限定で応募して合格しました。

医薬品卸MSから製薬会社MRに転職するために必要なことのまとめ

医薬品卸に勤めていると、MRと同じような仕事、もしくはMSの方が仕事をしているのに、なぜこれだけ給料やワークライフバランスが違うのか?と思ってしまいます。

人の価値観はそれぞれです。

しかし、MSからMRに転職して私の人生は大きく変わりました。

MSとしてずっと働いていたら今の年収は実現できていないです。MSからMRになるメリットはそのデメリットをはるかに上回ります。

MSからMRに転職した方がいいのか?

MSでずっと働き続けることに不安を持っている人は、MRになるという決断をした方が絶対に良いと思います。

決心をした時から準備をすることが肝要です。

そのためにまずは複数の転職サイトに登録することと自分の経験を言語化し、職務経歴書や履歴書に書いておくことをおすすめします。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

シェアしてくれるとうれしいです